メニュー

歯周病の予防方法について

歯周病の最も効果的な予防法は何だと思われますか?
意外と皆さんご存知ですよ!

正解は「ブラッシング」です。

「なんだ」と思われた方、「ちゃんと磨いてるよ」と思われた方、お口の中の歯周病菌を100%取り除けていると自信を持って言えますか?

まず、歯周病の成り立ちを説明します。

歯周病は、お口の中に存在する歯周病細菌によって、歯肉が腫れたり、歯を支える歯槽骨が溶けていく病気です。

かなり進行してくると、歯肉から出血したり、歯がグラグラしてきたりしますが、初期の段階ではご自身で自覚できるような症状がほとんど出てきません。
そして、驚くべきことに35歳以上の方の80%が歯周病に罹かっているというデータもあります。

歯周病の原因は細菌ですが、細菌の集まりがプラークです。
歯周病の予防や治療のためにはプラークを除去する必要があります。
プラークを除去するためにもっとも確実な方法が機械的にプラークをこすり落とす「ブラッシング」なのです。
デンタルリンスなどの含そう剤ではプラークを除去したり、殺菌したりすることができないのです。 
(唯一、クロルヘキシジン配合のデンタルリンスを補助的に使用することは効果的です)
コンクールF
当院では、むし歯や歯周病の治療を開始した際に歯科衛生士による「ブラッシング指導」を行っています。
ご自身にあった「歯ブラシ」をお選びするところから始まり、ブラシの当て方、磨き方の指導を行い、「フロス」や「歯間ブラシ」などの補助清掃器具の使用方法を説明します。
そしてご自身の力で磨き残しがなく、しっかり磨けるように指導を行います。
セルフケアができるようになるには時間がかかることもありますが、とても重要なことなので、この点だけは努力していただきます。
そして、「定期的なプロによるチェックと清掃」が重要です。
日々のブラッシングでは完全に除去することができない「バイオフィルム」を除去する必要があるからです。

「バイオフィルム」とは、細菌によって作り出された膜のことです。この膜の存在が歯周病の進行を進めることになります。
バイオフィルムは少しずつ形成され、しかもブラッシングだけでは完全に除去することができません。そこで私たち専門家による完全な除去が必要となります。
私たちは3ヶ月に1回の定期的な受診を勧めています。
それはバイオフィルムが約3ヶ月で形成されるからです。

バイオフィルムの除去、そして虫歯や歯周病の進行の有無の確認、セルフケアができているかの確認を行います。

基本的には歯周病の治療は終わっていますので、治療ではなく予防処置になります。

そこで行うのがPMTCです。
PMTC(プロフェッショナルメカニカルティースクリーニング)では、歯科衛生士による専用の器具を使用したバイオフィルムやプラークを完全に除去します。

このPMTCは痛みがなく、バイオフィルムを取り除くことができますので、歯医者嫌いの方でも安心です。
歯周病治療の様子
池田歯科大濠クリニック
福岡歯周病治療専門ナビ
〒810-0062
福岡市中央区荒戸2-1-5
大濠公園ビル2F
Tel : 0120-390-666